応募規約

第1条(総則)
本規約はSUN AUDITION事務局(以下、事務局といいます)が運営を行う「SUN AUDITION」(以下、本オーディションといいます)の申込み、及びその後の審査に関する、全サービスの利用条件を定めるものです。
本規約において「応募者」とは、本規約を承認のうえ、事務局が指定する方法により必要事項をエントリーした方をいいます。

第2条(利用の適用について)
本規約に同意し、申込みを行った方に限り、オーディション選考の資格を有するものとします。
本規約は、本オーディションの利用に際し、応募者との間における一切の関係について適用されるものとし、応募者は、本規約の内容を承諾したものとみなします。
本オーデョション上において随時告知する追加規定・個別規定等は、本規約と一体となって一つの規約を構成するものとします。なお、本規約と追加規定等が異なる場合は、追加規定等が優先するものとします。
事務局は、応募者の承諾を得ることなく、いつでも本規約及び追加規定等を変更することができるものとし、この場合事務局が相当とする方法により応募者に告知するものとします。

第3条(エントリー内容の変更について)
応募者は、住所・電話番号・電子メールアドレス・その他、事務局に届け出た内容に変更が生じた場合には、速やかに事務局に届け出るものとします。
応募者が前項の届け出を怠ることにより、応募者に不利益が生じることがあっても、事務局は一切の責任を負わないものとします。

第4条(応募者資格の取り消しについて)
応募者が以下の項目に該当する場合、事務局は事前に予告することなく、直ちに当該応募者のエントリー資格を中断または取り消すことができるものとします。
・事務局への申告・届け出内容に虚偽があった場合
・応募要項に反してエントリーした場合
・電子メール・会場・送付物等で知り得た情報を公式に開示される前に公にした場合
・手段の如何を問わず、本オーディションの運営を妨害した場合
・個人の申込みでなく、法人である場合
・過去に日本国内の法律に触れる行為があり、法的に処罰されたことがある場合
・本規約あるいは追加規定等に違反した場合
・その他事務局が応募者として不適切と判断した場合

第5条(個人情報の登録期間について)
応募者の個人情報登録期間は、エントリー日以降、当オーディションの運営上、事務局が必要と定める期間までとします。

第6条(通知及び同意について)
事務局から応募者への通知は、本規約に別段の定めがある場合を除き、電子メール・電話・その他、事務局が適当と認める方法により行われるものとします。
事務局は、応募者が予め登録、または告知した電子メールアドレス・電話番号、及びその他の連絡先に通知を行えば足りるものとします。

第7条(個人情報の取り扱いについて)
事務局は、応募者よりご提供いただく、氏名・性別・住所・電話番号・電子メールアドレス・その他の個人情報(以下、個人情報といいます)を記録させていただき、以下の目的に利用させていただきます。
・本オーディションにおける審査、選考
・本オーディションに関連する応募者への必要事項の通知及び連絡
・本オーディション内での公表
・事務局及び事務局が許可した媒体での公表(ただし、住所・電話番号等の連絡先に関する情報は除く)
・応募者は、本オーディションにおいて、事務局と提携サイト運営元等の間で、登録した個人情報の交換を行うことに同意するものとします。
・事務局は、以下のいずれかに該当した場合には、個人情報の全部または一部について応募者の個別の同意を得ることなく、第三者に対して開示することができるものとし、応募者はこれを承諾するものとします。
・個人情報の保護に関する法律等法令に基づく場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
・第1項に記載する事項を実行するために、事務局が業務委託先に必要な範囲で開示する場合

第8条(個人情報の開示・提供について)
応募者の個人情報は、本オーディションを通じて、マスコミ、その他事務局が許可した者により撮影・収録等され、放送やインターネット等によって広く第三者に公表されることがあります。ただし、応募者の個人情報のうち、住所・電話番号等の連絡先に関する情報を第三者に公表することはないものとします。

第9条(権利の帰属について)
本オーディションを構成するすべてのデータ(応募者の個人情報は除きます)・プログラム・映像・画像・サービス・手続き・商標・商号等は、事務局または権利を有する権利者に帰属するものとします。

第10条(禁止事項について)
応募者は本オーディションの参加にあたり、関連法令・本規約の規定・利用案内及び注意事項など、事務局が通知する事項を守らなければならず、以下の行為を行わないものとします。
・本オーディションを妨害する行為、誹謗する行為
・事務局や応募者、その他第三者の財産権・プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
・事務局や応募者、その他第三者の著作権、その他の権利を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
・事務局や応募者、その他第三者を誹謗中傷し、その名誉または信用を毀損し、または不利益を与える行為、もしくはその恐れのある行為
・公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為、もしくは公序良俗に反する情報を他の応募者またはその他第三者に提供する行為
・犯罪的行為、犯罪的行為に結びつく行為、またはその恐れのある行為
・他人の個人情報を騙って、不正に申込する行為
・営業行為及び宗教団体の布教・勧誘行為・または政治団体の宣伝行為
・法令、行政指導、規約、道徳、慣習に反する行為
・その他、事務局が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為

第11条(中断・中止について)
事務局は以下の項目に該当する場合、本オーディションの全部または一部の運営を中断・中止できるものとします。
・本オーディションのシステム保全等を定期的にまたは緊急に行う場合
・天災地変、その他の緊急事態が発生、もしくは発生するおそれにより中断・中止が必要と判断した場合
・その他、本オーディションの運営上、中断・中止が必要と判断した場合
事務局は前項の規定により、本オーディションの運用を中断・中止する場合、事務局が適当と判断する方法で事前に応募者へその旨を通知するものとします。ただし、緊急・やむを得ない場合においてはこの限りではありません。
事務局は本オーディションの中断・中止によって生じた応募者または第三者が被った損害について、一切その責任を負わないものとします。

第12条(免責について)
事務局は本オーディションの内容、及び応募者が本オーディションを通じて得る情報等について、その完全性・正確性・確実性・有用性等のいかなる保証もないものとします。
本オーディションのサービスの提供・遅滞・変更・中断・中止・もしくは廃止、またはその他本オーディションに関連して発生した応募者、または第三者の損害について、別途定めがある場合を除いて、事務局は一切の責任を負わないものとします。 事務局は本規約及び追加規約等に明示的に定める場合を除き、事務局の責任に帰すべからず事由から発生した損害、事務局の予見の有無にかかわらず特別の事情から生じた障害、逸失利益、及び第三者からの損害賠償請求に基づく応募者の損害については、その責任を負いません。

第13条(紛争解決について)
本オーディションに関連して、本規約により解決できない問題が生じたときは、事務局と応募者の間で誠意をもって協議し、これを解決するものとします。
協議をもって解決しない場合には、東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

応募規約

第1条(総則)
本規約はSUN AUDITION事務局(以下、事務局といいます)が運営を行う「SUN AUDITION」(以下、本オーディションといいます)の申込み、及びその後の審査に関する、全サービスの利用条件を定めるものです。
本規約において「応募者」とは、本規約を承認のうえ、事務局が指定する方法により必要事項をエントリーした方をいいます。

第2条(利用の適用について)
本規約に同意し、申込みを行った方に限り、オーディション選考の資格を有するものとします。
本規約は、本オーディションの利用に際し、応募者との間における一切の関係について適用されるものとし、応募者は、本規約の内容を承諾したものとみなします。
本オーデョション上において随時告知する追加規定・個別規定等は、本規約と一体となって一つの規約を構成するものとします。なお、本規約と追加規定等が異なる場合は、追加規定等が優先するものとします。
事務局は、応募者の承諾を得ることなく、いつでも本規約及び追加規定等を変更することができるものとし、この場合事務局が相当とする方法により応募者に告知するものとします。

第3条(エントリー内容の変更について)
応募者は、住所・電話番号・電子メールアドレス・その他、事務局に届け出た内容に変更が生じた場合には、速やかに事務局に届け出るものとします。
応募者が前項の届け出を怠ることにより、応募者に不利益が生じることがあっても、事務局は一切の責任を負わないものとします。

第4条(応募者資格の取り消しについて)
応募者が以下の項目に該当する場合、事務局は事前に予告することなく、直ちに当該応募者のエントリー資格を中断または取り消すことができるものとします。
・事務局への申告・届け出内容に虚偽があった場合
・応募要項に反してエントリーした場合
・電子メール・会場・送付物等で知り得た情報を公式に開示される前に公にした場合
・手段の如何を問わず、本オーディションの運営を妨害した場合
・個人の申込みでなく、法人である場合
・過去に日本国内の法律に触れる行為があり、法的に処罰されたことがある場合
・本規約あるいは追加規定等に違反した場合
・その他事務局が応募者として不適切と判断した場合

第5条(個人情報の登録期間について)
応募者の個人情報登録期間は、エントリー日以降、当オーディションの運営上、事務局が必要と定める期間までとします。

第6条(通知及び同意について)
事務局から応募者への通知は、本規約に別段の定めがある場合を除き、電子メール・電話・その他、事務局が適当と認める方法により行われるものとします。
事務局は、応募者が予め登録、または告知した電子メールアドレス・電話番号、及びその他の連絡先に通知を行えば足りるものとします。

第7条(個人情報の取り扱いについて)
事務局は、応募者よりご提供いただく、氏名・性別・住所・電話番号・電子メールアドレス・その他の個人情報(以下、個人情報といいます)を記録させていただき、以下の目的に利用させていただきます。
・本オーディションにおける審査、選考
・本オーディションに関連する応募者への必要事項の通知及び連絡
・本オーディション内での公表
・事務局及び事務局が許可した媒体での公表(ただし、住所・電話番号等の連絡先に関する情報は除く)
・応募者は、本オーディションにおいて、事務局と提携サイト運営元等の間で、登録した個人情報の交換を行うことに同意するものとします。
・事務局は、以下のいずれかに該当した場合には、個人情報の全部または一部について応募者の個別の同意を得ることなく、第三者に対して開示することができるものとし、応募者はこれを承諾するものとします。
・個人情報の保護に関する法律等法令に基づく場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
・第1項に記載する事項を実行するために、事務局が業務委託先に必要な範囲で開示する場合

第8条(個人情報の開示・提供について)
応募者の個人情報は、本オーディションを通じて、マスコミ、その他事務局が許可した者により撮影・収録等され、放送やインターネット等によって広く第三者に公表されることがあります。ただし、応募者の個人情報のうち、住所・電話番号等の連絡先に関する情報を第三者に公表することはないものとします。

第9条(権利の帰属について)
本オーディションを構成するすべてのデータ(応募者の個人情報は除きます)・プログラム・映像・画像・サービス・手続き・商標・商号等は、事務局または権利を有する権利者に帰属するものとします。

第10条(禁止事項について)
応募者は本オーディションの参加にあたり、関連法令・本規約の規定・利用案内及び注意事項など、事務局が通知する事項を守らなければならず、以下の行為を行わないものとします。
・本オーディションを妨害する行為、誹謗する行為
・事務局や応募者、その他第三者の財産権・プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
・事務局や応募者、その他第三者の著作権、その他の権利を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
・事務局や応募者、その他第三者を誹謗中傷し、その名誉または信用を毀損し、または不利益を与える行為、もしくはその恐れのある行為
・公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為、もしくは公序良俗に反する情報を他の応募者またはその他第三者に提供する行為
・犯罪的行為、犯罪的行為に結びつく行為、またはその恐れのある行為
・他人の個人情報を騙って、不正に申込する行為
・営業行為及び宗教団体の布教・勧誘行為・または政治団体の宣伝行為
・法令、行政指導、規約、道徳、慣習に反する行為
・その他、事務局が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為

第11条(中断・中止について)
事務局は以下の項目に該当する場合、本オーディションの全部または一部の運営を中断・中止できるものとします。
・本オーディションのシステム保全等を定期的にまたは緊急に行う場合
・天災地変、その他の緊急事態が発生、もしくは発生するおそれにより中断・中止が必要と判断した場合
・その他、本オーディションの運営上、中断・中止が必要と判断した場合
事務局は前項の規定により、本オーディションの運用を中断・中止する場合、事務局が適当と判断する方法で事前に応募者へその旨を通知するものとします。ただし、緊急・やむを得ない場合においてはこの限りではありません。
事務局は本オーディションの中断・中止によって生じた応募者または第三者が被った損害について、一切その責任を負わないものとします。

第12条(免責について)
事務局は本オーディションの内容、及び応募者が本オーディションを通じて得る情報等について、その完全性・正確性・確実性・有用性等のいかなる保証もないものとします。
本オーディションのサービスの提供・遅滞・変更・中断・中止・もしくは廃止、またはその他本オーディションに関連して発生した応募者、または第三者の損害について、別途定めがある場合を除いて、事務局は一切の責任を負わないものとします。 事務局は本規約及び追加規約等に明示的に定める場合を除き、事務局の責任に帰すべからず事由から発生した損害、事務局の予見の有無にかかわらず特別の事情から生じた障害、逸失利益、及び第三者からの損害賠償請求に基づく応募者の損害については、その責任を負いません。

第13条(紛争解決について)
本オーディションに関連して、本規約により解決できない問題が生じたときは、事務局と応募者の間で誠意をもって協議し、これを解決するものとします。
協議をもって解決しない場合には、東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

Scroll to Top